LEDは照明だけではないのです

img_01

私たち人間は暗い所でも活動できるように照明を開発しました。
そのおかげで今では夜でも昼間のように活動する事が出来るようになったのです。


また最近は夜型の人が増え、夜に長く起きている人が増えて来ています。

ですからますます照明を良く使うようになっているのです。

照明と言えば電球や蛍光灯が良く使われています。

しかし電球も蛍光灯も照明としては相応しくない所があります。それは消費電力が大きい事と発熱をすると言う事です。


消費電力が大きけれ電気代が高くなってしまいますし、発熱をすれば火傷や火災の危険性があるのです。照明は一般家庭でも使いますから、電気代は高くなっては困りますし安全性も高くなくてはいけないのです。
現在の電球や蛍光灯の欠点を改良した照明がLED照明と言えます。

LED照明は今までの照明のような消費電力の多さや発熱と言った欠点が全くないのです。


また寿命もとても長いですから、交換の手間やコストも減らす事が出来るのです。またLEDは照明だけでなく、他にも色々な所で使われています。

街中の信号や家庭のテレビにもLEDは使われているのです。
LEDは視認性が良いので、信号やテレビと言った色をはっきり出す必要がある物に多く使われているのです。

電気と言うのは無限に発電できるものではないのです。



ですから私たち一人一人が節電に心掛ける事が大切です。



それが大きな節電となって、発電量を減らす事が出来るのです。



発電所をこれ以上増やさないためにも、節電が必要なのです。